海外生活目指しタイ?

日本では楽しく節約、海外ではおとくに楽しみ。いずれは半年日本・半年海外を目指して。

使用前にいろいろと比較してみた時点ではグローバルWiFiのほうが良いなと思っていたのだが。イモトのWiFi、グローバルWiFiの2つとも借りてみて実際に比較してみた。


使用前の印象は
使用前に比較してみた 台湾に弾丸で行くなら★イモトのWiFi★グローバルWiFi★どっちを借りる? 値段・機能 色々比較してみた



値段はグローバルWiFiのほうが安くなることが多い印象

グローバルWiFi

001548



イモトのWiFi

001547




3Gで比較。両方共オプションは外してある。
グローバルWiFi 630円/1日
イモトのWiFi 1220円/1日


間違いなくグローバルWifiの方。これはイモトのWiFiのほうには受渡手数料というものがかかってしまうため。1日で借りるとなると、この受渡手数料というものが大きい。グローバルWiFiはキャンペーン中でこの受渡手数料が必要ない。



桃園空港内で測定。速度は両方とも不満なし。3Gで十分。
グローバルWiFi

001605


イモトのWiFi

001606


wifiルーターセットはそれほど違いがないように見えるが...

イモトのWiFi

001592


001593


グローバルWiFi

001590


001591




それほど違いはなさそうに見える。充電機器も。

001596




ただ、グローバルWiFiのほうが分厚いルーターなので多少荷物になる

左がグローバルWiFi、右がイモトのWiFi

001598



001597



充電器も厚みがあるので多少荷物になる。グローバルWiFiのほうはまだまだ古いルーターを使用しているんでしょうね。大きさも厚みもある。3Gでも新しいものに変えてほしい。


001594


液晶は特に見ることもないので、大きかろうが小さかろうが関係はない。

001600


001599


小さいほうが良いですね。荷物にならないので。



深夜の受け渡しでは
イモトのWiFiは自前の窓口
グローバルWifiはJALABCに委託の形

それほどこれは違いはないのかなと思っていたのだけど...。
申込みの時に、受け渡し時に説明が必要・必要ないのチェックがあったので自分は必要ないにチェックを。ただ帰国時も深夜便利用だったので、念のためいつまでに返せばよいのですかと2つともの窓口で尋ねる。


するとイモトのWiFiのほうは、自分のところの窓口・受付のため丁寧に
深夜2時までに帰国の場合は前日扱いで大丈夫ですと答えをいただく。


グローバルWifiはJALABCに、お客さんが来れば渡してくださいねというかたちをとっているためか受け渡しをする人が全くなにも知らない。しかも質問したら明らかに表情が嫌そうな表情が。そんなの聞くなよ...みたいな雰囲気を受けました。ちょっと嫌な気分に。


調べてみると、
深夜便(各空港カウンター翌朝営業前まで)の到着の方は日を跨いだ返却でも問題ございません。
とのこと。


また深夜・早朝の返却BOXに違いが。グローバルWifiのほうはちょっと心配...。


グローバルWiFi


001603


上から覗ける形で中身が見えてる...、持ち出そうと思えば持ち出せちゃう。さすがに空港内でそのようなことをする人はいないだろうけど、ちょっと心配。



イモトのWiFi

001601



001602


ポストの形なので、返却後も安心。


001604



結論
1日2日の短期間であればグローバルWifiの方が安いかも。
ただ、値段がそこまで変わらない場合はイモトのWiFiの方が間違いなくおすすめ。深夜・早朝に借りる時に、使用方法など心配があれば質問できるのはイモトのWiFi。

値段で選ぶとグローバルWiFiなのかなと思ったけど、多少心配な面もちらほら。だったらイモトのWiFiのほうが良いかなと思った。


それぞれキャンペーンをしていることも多いので、実際両方のページで比較してみるのもよいかも。弾丸であれば、グローバルWiFiのほうが下から申し込めば受取手数料が無料の分お得のことが多い。


”利用料金が5%OFFになるクーポンと”受取手数料が無料”になるダブルのクーポンが自動で適用。
★クーポン特典【利用料金が5%OFF+受取手数料が無料】

日数が増えていけば行くほど、1日あたりの使用料が安いイモトのWiFiの方がお得。受取手数料がかかっても安いことのほうが多い。比較してみてください。
イモトのWiFi